おすすめのオリジナルTシャツ作成と気になる印刷方法

Tシャツ

ARTICLE LIST

オリジナルTシャツのシルクプリントの特徴

シルクプリントは、オリジナルTシャツを作成する印刷方法の中でも1番人気のある印刷方法となります。そのため、オリジナルTシャツを作成するメーカーにおいて、多くのメーカーでシルクプリントを施すことができます。
また、シルクプリントによるプリントは耐久性に優れているので、一般的に販売されているウェアの多くはシルクプリントによるプリントが施されています。他にも、シルクプリントはインクの種類が豊富に用意されているので、金や銀といった表現をオリジナルTシャツに施すことが可能となります。さらに、ラメプリントのような特殊プリントでの表現もできるだけでなく、版の保管期間内の追加ならばリピート注文時に版代が別途として掛かりません。
ちなみに、版の保管期間は注目してから1年となります。とはいえ、シルクプリントはプリントを施す色数が多いほど版を多く作る必要があるので、費用が高くなります。その上、シルクプリントでは縫い目をまたがるプリントや、はみ出るようなプリントをオリジナルTシャツに施すことは不可能です。他にも、生地とインクの相性によっては、プリント面に色移りすることもあります。オリジナルTシャツの基本的な印刷方法となるシルクプリントは、特殊なプリントによる表現を施したTシャツを作りたい人にお勧めとなります。

転写プリントによるプリント

オリジナルTシャツにプリントを施せる転写プリントは、シルクプリントと違って版を作る必要がないだけでなく小ロットのプリントや違うデザインでも可能となります。また、転写プリントはシルクプリントでは加工が難しい撥水性のブルゾンや裏地付きのブルゾンでも、プリントを施すことができます。
そして、転写プリントで施したオリジナルTシャツの色は均一なので、発色の良い仕上がりとなります。オリジナルTシャツだけでなく、転写プリントはドライ素材のスポーツアイテムやポリエステル等のブルゾンにお勧めの印刷方法となります。ただし、転写プリントではシートをカットできないような細かいデザインや文字の加工は不可能です。それに加えて、シートの色見本以外の色の選択はできないので、転写プリントは1色のみのデザインの対応となります。よって、オリジナルTシャツの作成において多色の色を施したいのであれば、転写プリント以外の印刷方法を選ぶことになります。
また、シートが生地に圧着されている状態なので、シルクやインクジェットより生地の風合いが損なわれることになります。転写プリントでのオリジナルTシャツの作成は、他の印刷方法より発色の良い仕上がりになりますが、生地の色を損ないやすいという難点があります。

フルカラー転写プリント

フルカラー転写プリントは、布地専用のシートにフルカラーで印刷し、カットしたものをプレス機で圧着する印刷方法となります。そのため、フルカラー転写プリントはオリジナルTシャツの作成だけでなく、ユニフォームやイベント用の服の作成に適しています。
また、フルカラー転写プリントは、小ロットのプリントや1枚1枚違うデザインでも対応できます。他にも、カッティング転写プリントと同じように、シルクプリントでは中綿入りブルゾンや裏地付きのブルゾンでも対応可能となります。よって、フルカラー転写プリントもカッティング転写プリントのように、ドライ素材のスポーツアイテムやポリエステル等のブルゾンにお勧めの印刷方法になります。ちなみに、フルカラー転写プリントはカッティング転写とは違って、多色や細かいデザインのプリントが可能となります。
そして、デザインを損なわないようにするために、周りに2~3mm程度のフチが付きますが、フチの?はTシャツの色に近い色となります。フルカラー転写プリントもカッティング転写プリントと同じくシートが生地に圧着されている状態になります。なので、シルクプリントやインクジェットプリントよりも、生地の風合いが損なわれることになります。オリジナルTシャツを作成するための印刷方法の1つとなるフルカラー転写プリントは、カッティング転写プリントと異なり多色の色をオリジナルTシャツに施すことが可能です。


プリズマで作成しているオリジナルTシャツは多くの方に活用されております!オリジナルTシャツですので、企業のロゴや大学のサークルでのみんなでお揃いのTシャツに仕上げることも可能です!

RECENT POSTS

TOP